上げ底について少し話す事

最近某コンビニの分量の偽装(誤認誘導?)について少し話そうと思う

まず、昨今取りざたされているように企業側が分量を多く見せようとしているということが事実だったとしてではあるが

容器に関しては内容量の誤認に繋がる構造をしている容器はどのメーカーでも製造しないことになっている。

仕事で取り扱っていた頃に過去に大きな問題が起こったらしくそれ以来やらないと聞いたことがある、おそらく特注であろう

今回の件はコンビニ側の無理な要求(原価を下げて多く見せるように)に答えるためベンダーがかなりの無理をしたのだと考えられる

買う側からしてもたまったものではないがベンダーはさらに悲惨である、いっそのこと値段を下げて本当に一口サイズにしてしまえばよいのではないか

そんな風に思う

企業イメージは利益で買うことはできない、時間をかけて育んでいくものだ。

今回の事は全体から見れば小さいことかもしれないが一度ついてしまったイメージはそうそう払拭できるものでない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

この頃の事

次の記事

自粛と簡単に言うけれど